栄養満点でローカロリーのグリーンスムージー

グリーンスムージーを作るときは、しっかりカロリー計算するべき

グリーンスムージーはカロリー計算をしながら作ることが大事

グリーンスムージーは、野菜と果物と水で作る飲み物です。

 

フルーティな味わいで野菜の栄養分を摂取できるので、
野菜が苦手な人やビタミン不足の人に愛飲されています。

 

また、低カロリーなのでダイエットにも高い効果があります。

 

基本的にはグリーンスムージーは、
1杯あたり50kcal前後です。

 

健康な成人の食事が、
1食700kcalほどなので、
それと比べるとかなりの低カロリーです。

 

そのため1日のうち1食だけでも、
食事代わりにグリーンスムージーを飲めば、
1日の摂取カロリーが大幅にダウンします。

 

つまり高いダイエット効果が出るのです。

 

しかし、当然ですが脂肪分や糖分の多い食材を混ぜ込むと、
1杯あたりのカロリーは多くなってしまいます。

 

たとえば水の代わりに牛乳を混ぜたとすると、
それだけで1杯100kcal以上の飲み物になってしまいます。

 

もっと甘い味にしたいからと砂糖を入れると、
やはり簡単に100kcalを超えてしまいます。

 

糖度の高い果物を加えても同様です。

 

たとえばリンゴは1個で約150kcalありますし、
柿は130kcal、
マンゴーは200kcalほどあります。

 

これらをそのままグリーンスムージーに混ぜ込むと、
かなり高カロリーな飲み物になります。

 

そのためグリーンスムージーを作る際には、
しっかりカロリー計算をする必要があります。

 

野菜を多めに入れて、
果物は糖度の低いものを選ぶのです。

 

それだけでは甘味が不足して飲みづらいという場合には、
オリゴ糖やハチミツを加えます。

 

これらは甘味が強いにもかかわらず、
カロリーは高くありません。

 

そのうえ腸内環境を整えたり、
ビタミン類の吸収が良くなるなど、
健康にも良い効果があります。

 

混ぜ込む液体も、
水では味気ないという場合は、
豆乳やヨーグルトを使用します。

 

こうすることで低カロリーでありながらも旨みの多い飲みやすいグリーンスムージーになります。
このようなグリーンスムージーを毎日飲み続けて初めて、
高いダイエット効果が出てくるのです。


グリーンスムージーを作るときは、しっかりカロリー計算するべき関連ページ

実は、グリーンスムージーのカロリーが高いという噂は本当?
グリーンスムージーの口コミ情報等を見てみると実はカロリーが高い・飲用するようになって逆に太ったといったような内容も散見されます。本当にグリーンスムージーのカロリーが高いのかを検証。
グリーンスムージーを作成するときにはカロリーオーバーに注意
グリーンスムージーを利用するときには、カロリーオーバーに注意が必要です。健康やダイエットに効果を期待できるグリーンスムージーですが、使い方を間違えてしまえば逆効果です。
楽天ランキングで話題のグリーンスムージーのカロリーは?
楽天総合ランキング1位を8回もとったグリーンスムージーをご存知でしょうか。Natural Healthy Standardのミネラル酵素グリーンスムージーは、女優やモデルなど海外セレブの間でも大人気です。
豆乳で作った時の、グリーンスムージーのカロリーについて
グリーンスムージーを作る際には、水でつくる場合が多いですが、牛乳や豆乳でもつくる事が出来ます。ただし、カロリーが高くなりすぎないように注意しましょう。
美容やダイエットに効果絶大のグリーンスムージーの一杯当りのカロリーは?
美容やダイエットに効果があると評判が高いグリーンスムージーですが、効果を得るには毎日摂取する事が大切です。そのためにはコップ一杯のグリーンスムージーを正確にカロリー計算する必要があります。

トップページ グリーンスムージー人気ランキング お問い合わせ