【シンプルレシピ】手軽にグリーンスムージーを続けるために

【シンプルレシピ】手軽にグリーンスムージーを続けるために

グリーンスムージーの【シンプルレシピ】

グリーンスムージーとは、
小松菜やホウレン草、
ベビーリーフなどの色の濃い緑色の野菜とフルーツ、
水を混ぜ合わせて作ったジュースのことです。

 

グリーンスムージーには酵素や食物繊維がたっぷりと含まれているので、
血液をサラサラにしてくれたり便秘解消などの効果があります。

 

レシピも簡単なものが多く、
ミキサーなどで手軽に作ることが出来るので忙しい人にもおすすめです。

 

グリーンスムージーには豆類やブロッコリーの茎、
カボチャ、オクラなどのでんぷん質を含む野菜は入れません。

 

グリーンスムージーに含まれている栄養分をしっかりと身体に吸収させるため、
飲んでから40分ほどは他の飲食を控えます。

 

40分あければ、その後は何を食べても大丈夫です。

 

グリーンスムージーは1日に1〜2リットルの摂取が効果的なので、
朝ごはん代わりに飲んだり、
1度に飲めない人はタンブラーなどに入れて持ち歩いて分けて飲んでも良いです。

 

野菜の青臭さが苦手な人は、
野菜の量を減らし、
バナナやリンゴ、
キウイなどのフルーツを多めにして作れば飲みやすくなります。

 

フルーツと野菜の割合を6:4で作ると初心者でも飲みやすいグリーンスムージーが作れます。

 

味に慣れてきたら、
少しずつ野菜の量を増やしていくと良いです。

 

また水を豆乳に変えたり、
ハチミツやヨーグルトを加えるなど、
自分流に飲みやすくアレンジしてみるのも良いです。

 

バナナやリンゴは比較的どの野菜とも相性が良く、
青野菜特有の臭みやえぐみも消してくれるのでとても使いやすいです。

 

ハチミツも臭みを消してくれ、
さらに甘みも加わって飲みやすくなります。

 

ただし入れ過ぎてしまうとカロリーが高くなってしまうので注意が必要です。
また美味しくしようと材料を入れ過ぎたグリーンスムージーは、
消化器官に負担がかかって栄養分を吸収しにくくなってしまいます。

 

欲張らずに、なるべくシンプルなレシピで作った方が身体にも良く、
栄養分も無駄なくしっかりと摂取することが出来ます。

 

簡単にグリーンスムージーを作る方法でオススメなのが、
粉末タイプなど、自宅で直ぐに出来るものを使用すること。

 

野菜を購入する手間もなく、
後片付けも楽に出来ます。

 

人気のグリーンスムージーランキングを作成していますので、
今、どの商品が人気があるのかをチェックしてみてください。


【シンプルレシピ】手軽にグリーンスムージーを続けるために関連ページ

グリーンスムージーが人気の理由
人気があるグリーンスムージーのレシピを参考にすれば美味しく作ることができます。グリーンスムージーをいっぱい飲むだけでたくさんの栄養を補うことができますし、代謝アップや、消化、便秘にも良いので健康ときれいな肌を一度に手に入れることができます。
ダイエット用グリーンスムージーレシピ
楽しく、おいしく、自宅で簡単にダイエットするのにグリーンスムージーダイエットがおすすめです。そこでおすすめレシピをいくつか紹介します。無理せず続けていくことが出来るのが成功への近道です。
グリーンスムージーに使用する野菜
グリーンスムージーを作ることができる野菜や果物は、数多くの種類があります。そしてこれらの野菜や果物を組み合わせることで、様々なスムージーを作ることができます。その野菜のひとつにほうれん草があり、他の野菜や果物と一緒に作ることができます。
おいしいグリーンスムージーのレシピ
効率的に野菜が取れて美肌にも効果があるというグリーンスムージーが最近人気です。テレビや雑誌で、海外セレブが行っていると話題になり、日本でもグリーンスムージーを飲み人が増加しています。
セロリを使ったおすすめレシピ
グリーンスムージーが話題になってから、かなり時間が経過しましたが、人気は衰えません。今回紹介するのは、セロリを使ったグリーンスムージーのレシピ。様々な野菜を使い、味に変化をつけて楽しみましょう
ブロッコリー入りグリーンスムージー
グリーンスムージーは、ほうれん草やブロッコリーなどの野菜と果物をミキサーで混ぜ合わせた飲みものです。ダイエットや美容、そして、便通などに効果があります。簡単に作れるレシピを紹介します。
苺入りのグリーンスムージー
毎日飲み続けるだけで健康に痩せることが出来るとして人気を集めているのがグリーンスムージーです。これに苺をいれる事により、味が良くなり、健康効果も上がります。簡単に作れるレシピを紹介します。

トップページ グリーンスムージー人気ランキング お問い合わせ