【レタスはグリーンスムージーに入れる?】入れる野菜は何がいいのか

【レタスはグリーンスムージーに入れる?】入れる野菜は何がいいのか

グリーンスムージーに入れる野菜は何がいいの?

レタスについて

 

グリーンスムージーとは、
生の緑の葉野菜、

  • レタス
  • 水菜
  • ほうれん草など

そして、フルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたものです。

 

材料や作り方はとてもシンプルですが、
毎日コップ一杯飲むだけで身体に良い変化が現れるので、
今とても注目されているものの一つです。

 

グリーンスムージーの良い点として、
まず栄養価がとても高いということです。

 

生のままの野菜を使うので、
加熱した野菜より高い栄養を摂ることがでいます。

 

それから、消化しやすいです。

 

ブレンダーでしっかりと撹拌するので、
野菜やフルーツに含まれる栄養素を包む強固な細胞壁が破裂し、
身体が吸収しやすい状態になります。

 

そして、食物繊維がとても豊富です。

 

グリーンスムージーは完全食なので、
ジュースなどに比べて食物繊維が豊富に含まれています。

 

食物繊維の摂取は、
正常な排泄にとって不可欠なものです。

 

中には味が飲みにくいと感じる人もいますが、
野菜と果物の比率を6:4にすると、
フルーツが全体の味を支配し味のバランスも良くなり、
濃い緑色の見た目に対し飲みやすく美味しいことに驚く人も多いです。

 

グリーンスムージーは作り方も片付けも簡単なので、
負担なく毎日続けることができます。

 

ですので、習慣的に緑の野菜を摂取することができます。

 

グリーンスムージーの栄養を最大に摂取するには、
単体での摂取が好ましいです。

 

飲む前後40分から1時間あけるようにします。

 

でんぷん質の野菜はフルーツと食べ合わせが悪く、
腸内でガスが発生しやすくなりので避けます。

 

野菜は冷凍したものでも加熱調理したものより栄養価が高いので、
冷凍した野菜でも栄養価が失われることはありません。

 

グリーンスムージーは食物繊維を多く含むので、
便秘解消の効果が期待できます。

 

また、血糖値も上がりづらいので、
ダイエットにも効果的です。

 

カロリーが少ない分栄養素の密度が非常に高く、
葉酸やカルシウムが豊富なので免疫力もアップし、
身体の調子を整えたり病気の予防にもなります。

 

ダイエットにおすすめのグリーンスムージーはこちら


【レタスはグリーンスムージーに入れる?】入れる野菜は何がいいのか関連ページ

海外セレブに人気の理由とは?
グリーンスムージーとは生のままの小松菜などの野菜や果物をミキサーにかけてできる飲み物のこと。手軽に野菜を摂取できると、ダイエットや健康への意識の強い女性に人気があります。
グリーンスムージーのダイエット効果は?
グリーンスムージーの効果はいくつか挙げられますが、一番大きいのがダイエット効果です。野菜を多く摂取することが出来るグリーンスムージーは健康や美容の強い味方です。
牛乳でグリーンスムージーを作成すると?
グリーンスムージーは野菜のにおいが苦手という人が少なくありませんが、牛乳を足すとまろやかになり野菜の苦味が苦手な人に向いています。牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているので、骨を丈夫にし骨粗しょう症の予防にもなります。
グリーンスムージーを豆乳で
基本的にグリーンスムージーには豆類は向いていないのですが、豆乳は女性ホルモンと似た作用のあるイソフラボンを多く含んでいるので、少量を加えるのは効果的です。ただし、入れすぎには注意しましょう。
アボガドを使用したグリーンスムージー
グリーンスムージーと言う言葉を耳にする機会も多くなり、雑誌やテレビで紹介され、多くの方が飲み始めています。ここでは、アボガドを利用したお勧めのグリーンスムージーのレシピをご紹介します。ぜひ1度試してみてください。
グリーンスムージーにおすすめの野菜
グリーンスムージーに使う野菜や果物は、自分の好みや欲する栄養分で自由に選択することができます。水菜やほうれん草などのマイルドな味わいの葉野菜がお勧めです

トップページ グリーンスムージー人気ランキング お問い合わせ