グリーンスムージーを豆乳で

【グリーンスムージーを豆乳で】豆乳で作ると栄養素も増え効果的

グリーンスムージーと豆乳について

豆乳について

 

今、美容や健康に敏感な人達の間でグリーンスムージーが浸透しつつあります。

 

グリーンスムージーとは、
生の野菜や果物等をミキサーにかけて作るドリンクです。

 

このドリンクの一番のメリットは、
野菜や果物が持っているビタミン等の質を損なう事なく摂取出来る事にあります。

 

野菜や果物が持つビタミンには、
水溶性ビタミンという種類のビタミンも多く含まれています。

 

この種類のビタミンは水に溶けやすいという特徴を持っています。

 

そのため、普通は煮たりして食べる事も多い野菜は、
そのビタミンが煮ているお湯に溶けだしてしまって、
食べる時にはビタミン量が減少してしまいます。

 

なので、煮るという作業をしないグリーンスムージーは、
野菜や果物のビタミンを最大限に摂取するのに最適な方法だと言えます。

 

ビタミン以外にも、
食物繊維やミネラル等も豊富に含まれているので、
普段の生活に取り入れると、栄養のバランスが良くなります。

 

グリーンスムージーの作り方は簡単です。

 

普段不足しがちな野菜や果物を数種類と水をミキサーにかけるだけです。

 

ただし、

  • グリーンスムージーに向いている野菜
  • 向いていない野菜

の2種類があります。

 

向いている野菜の代表的な物は、
濃い緑色の野菜です。
例えば小松菜やほうれん草が挙げられます。

 

これらの野菜は鉄分を多く含んでいるので、
鉄分不足になりがちな女性に最適です。

 

対して、向いていない野菜はキャベツや白菜等です。
なぜかと言うと、これらの野菜にはデンプンが多く含まれているからです。

 

デンプンを持つ野菜と果物を一緒に摂取すると、
腸内でガスが発生しやすくなるというデメリットがあるからです。

 

また、一緒に加える果物は、
適度な甘みを加えてくれるリンゴやバナナがおすすめです。

 

他にも、果物の甘みだけでは飲みづらいという人は、
水の量を減らして、その減らした分を豆乳にすると飲みやすくなります。

 

基本的にグリーンスムージーには豆類は向いていないのですが、
豆乳は女性ホルモンと似た作用のあるイソフラボンを多く含んでいるので、
少量ならば加えても問題ないです。


【グリーンスムージーを豆乳で】豆乳で作ると栄養素も増え効果的関連ページ

海外セレブに人気の理由とは?
グリーンスムージーとは生のままの小松菜などの野菜や果物をミキサーにかけてできる飲み物のこと。手軽に野菜を摂取できると、ダイエットや健康への意識の強い女性に人気があります。
グリーンスムージーのダイエット効果は?
グリーンスムージーの効果はいくつか挙げられますが、一番大きいのがダイエット効果です。野菜を多く摂取することが出来るグリーンスムージーは健康や美容の強い味方です。
牛乳でグリーンスムージーを作成すると?
グリーンスムージーは野菜のにおいが苦手という人が少なくありませんが、牛乳を足すとまろやかになり野菜の苦味が苦手な人に向いています。牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているので、骨を丈夫にし骨粗しょう症の予防にもなります。
レタスはグリーンスムージーに入れる?
グリーンスムージーとは、生の緑の葉野菜、レタスや水菜やほうれん草などとフルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたものです。材料や作り方はとてもシンプルですが、健康にとても効果的です。
アボガドを使用したグリーンスムージー
グリーンスムージーと言う言葉を耳にする機会も多くなり、雑誌やテレビで紹介され、多くの方が飲み始めています。ここでは、アボガドを利用したお勧めのグリーンスムージーのレシピをご紹介します。ぜひ1度試してみてください。
グリーンスムージーにおすすめの野菜
グリーンスムージーに使う野菜や果物は、自分の好みや欲する栄養分で自由に選択することができます。水菜やほうれん草などのマイルドな味わいの葉野菜がお勧めです

トップページ グリーンスムージー人気ランキング お問い合わせ