【野菜の簡単スムージーレシピ】美容によいグリーンスムージー

【野菜の簡単スムージーレシピ】美容によいグリーンスムージー

肌にいい野菜の簡単スムージーレシピ

肌を健やかに保つには、
体の内側から肌に良い栄養成分をしっかり補給することが一番です。

 

野菜には体にいい栄養成分がたくさん含まれています。

 

南瓜や人参などに多く含まれているカロテンは、
体に入ってからビタミンAに変化します。

 

ビタミンAは皮膚や粘膜などの組織の再生を促す栄養素で、
肌に潤いを与える作用があります。

 

ジャガイモやサツマイモなどの芋類はビタミンcを多く含んでいます。

 

ビタミンCは美白化粧品にも配合されるビタミンの一つで、
シミやソバカスなどを薄くする働きがあります。

 

ただし、ビタミンCは熱に弱い栄養素のため加熱するとどうしても破壊されてしまいますが、
ジャガイモのビタミンcは熱に強いのでスムージーに適しています。

 

アボカドなどの野菜にはビタミンEが多く含まれています。

 

ビタミンEは体のサビともいえる過酸化脂質を抑える抗酸化作用の強い栄養素で、
若返りのビタミンとも言われています。

 

サツマイモのスムージーのレシピ(2人分)は、
サツマイモ150グラムは皮をむいてさいの目切りにします。

 

鍋にバター(食塩不使用)大さじ1を熱してサツマイモを炒め、
透き通るくらいになったら水1カップを加えて柔らかくなるまで煮ます。
ハチミツ大さじ1、牛乳1カップ、
バニラエッセンスとシナモンを少々加えてミキサーにかけて冷やします。

 

カロリーは、254キロカロリーと低カロリーで食物繊維が豊富なので便秘を解消し肌荒れも改善します。

 

トマトやキュウリなどの夏野菜を使ったスムージーのレシピ(2人分)は
完熟トマト3個、キュウリ1本、パプリカ1個をざく切りにし、
オリーブオイル大さじ2、レモン汁とバルサミコ酢を各大さじ2分の1、
塩と胡椒を少々入れてミキサーにかけます。

 

すぐに飲むことはできますが、
夏の暑い時期は1時間から2時間冷蔵庫で冷やしておくと、
より美味しくいただくことができます。

 

少し粒が残るぐらいにミキサーにかけると食感を楽しむことができます。


【野菜の簡単スムージーレシピ】美容によいグリーンスムージー関連ページ

野菜のスムージーで健康的にダイエット
野菜スムージーとは、野菜と果物と水をブレンダーで混ぜ合わせるだけで作れる、シンプルな飲み物です。グリーンスムージーとも呼ばれ、海外セレブの間でダイエットに良いと評判になり、日本でもTVや雑誌で話題になっています。
おすすめの野菜スムージー
忙しくて野菜がなかなか摂れない人や野菜があまり好きではない人におすすめなのが、美容と健康に良いミネラル酵素グリーンスムージーです。このスムージーは海外セレブにも話題になっています。
野菜スムージーの材料は通販で購入するのが便利でお得!
野菜スムージーを作るのに、野菜と果物が必要です。毎日飲むのが健康に良いと分かっていても、面倒になり続かなくなる人もいます。そんな時に便利なインターネットの通販を利用しましょう。
野菜スムージーのカロリーはどれくらいあるの?
置き換えダイエットに人気の野菜スムージーですが、しっかりとカロリー計算をする必要があります。いくら低カロリーと言っても摂りすぎは禁物。しっかりとした知識を持ち、健康的にダイエットしましょう。
スムージーを継続して飲んで美容と健康を手に入れる
野菜スムージーとは皮ごと使った生野菜と果物と水をミキサーで混ぜ合わせた飲み物のことをいいます。美容や健康に効果が期待できると、昨今注目を集めています。
朝食が進まない時は野菜をプラスしたスムージーで元気をチャージ
スムージーは野菜や果物をミキサーで砕いて飲むジュースです。野菜不足を簡単に補える飲み物のひとつとして人気があります。TVや雑誌で紹介されたのがきっかけで話題になっています。
野菜不足を補えるスムージーの利点と果物を加える理由
グリーンスムージーは野菜や果物をミキサーで砕いて飲むジュースです。野菜不足を簡単に補える飲み物のひとつとして人気があります。果物入れる事により、味や栄養価が上がるメリットがあります。
栄養満点のスムージー
野菜というのは、人間が健康的に、そして美しく生きていくためには欠かせないものです。野菜スムージーなら、不足しがちな栄養素をしっかりと、そして、手軽に取る事が出来るので、忙しい現代人におすすめです。
美味しいスムージーで健康な毎日を
健康のために毎日グリーンスムージーを飲むのであれば、味の良さは重要です。美味しくなければ、健康のためとはいえ飲む気がなくなってしまいます。

トップページ グリーンスムージー人気ランキング お問い合わせ